<図解>英文添削ツール「Grammarly(グラマリー)」の使用方法

スポンサーリンク
grammarlyアプリ
野口

今回は「英文添削ツールのGrammarly(グラマリー)がとても便利と聞いたのですがどのように使用するのでしょうか?」という質問に答えたいと思います。

スポンサーリンク

Grammarly(グラマリー)とは

英語が苦手な人にとっては、英語でのビジネスメールや英語での抄録作成は非常に大変で時間のかかる作業です。

しかも、時間をかけたからといって正確な英文を作成することが難しいこともあるでしょう。

そんな時に活躍するのが英文添削ツールのGrammarly(グラマリー)です。

Grammarly(グラマリー)は、オンラインで英文を添削してくれるツールのことであり、アメリカのGrammarly, Inc.が提供しています。

Free(無料版)とPremium(有料版)がありますので、まずは無料版を使用してみてください。

その後、必要にあわせて有料版を検討するのが良いと思います。

Grammarlyの公式サイトはこちら

無料版を使用するために

私は、Macを使用していますのでGrammarly for Macになります。

Windowsを使用している方は、for Windowsをご使用ください。

今回は、Grammarly for Macの無料版について説明します。

Grammarly for Mac を検索する

まずは、Grammarly for Macを検索してください。

Grammarly for Mac をインストールする

アプリケーションをダウンロードしたらインストールしてください。

Grammarlyのアプリを、Applicationsに移動させてください。

アカウントを取得する

アプリが起動したら「Sign in」を選択します。

初めて使用する場合には、アカウントをお持ちでないかと思いますので、右下の「Don’t have an account?」を選択します。

氏名、メールアドレス、パスワードを設定して、アカウントを作成します。

サインインする

アカウントが作成できたらサインインします。

英語の抄録を添削してみる

こちらがホーム画面になります。

「New」を選択します。

こちらに直接、英文を入力するか別のファイルに保存した英文をコピー&ペーストします。

英文に問題がなければこのような画面になります。

英文に軽微なミスがあった場合にはこのように候補となる単語を提案してくれます。

提案した単語を選択すると文章の単語が置き換わります。

単語の選択や使用方法に問題があった場合には、このように、いくつのミスがあるかを示した上で、Premiumに移行しませんか?といったページになります。

必要に応じてPremiumに移行すれば良いですが、無料で修正したいという場合には文章を短く分けて確認していきましょう。

それにより、どの部分を修正すべきかが明確になりますので修正しやすいかと思います。

英語が苦手な人にとっては、非常に参考になるかと思いますのでぜひ活用してみてください。

Grammarlyの公式サイトはこちら

また、DeepLも併せて使用すればより作業が捗るかと思いますので参考にしてください。

今回は「英文添削ツールのGrammarly(グラマリー)がとても便利と聞いたのですがどのように使用するのでしょうか?」という質問に対して、図を用いて説明させていただきました。英語が苦手な方にとっては救世主のようなツールですのでぜひご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました