<図解>Zoom(ズーム)とYouTube(ユーチューブ)の合わせ技で遠隔授業を視聴できなかった人に対応する方法

スポンサーリンク
zoom-youtubeZoom
野口

今回は、「Zoomで遠隔授業を実施しているのですが、欠席した人への対応で悩んでいます。どのようにすれば良いでしょうか?」との質問に答えたいと思います。

スポンサーリンク

Zoomでの遠隔授業を欠席した人の学習機会を確保する方法

現在、遠隔授業を導入している大学や学校もあれば、今後、遠隔授業で授業を開始する大学や学校もあるかと思います。

私はZoomを活用していますが、遠隔授業を行なっていると、各個人の通信環境のトラブルで一時的に視聴ができない場合が起こることがあります。

そのような時には、ZoomとYouTubeを組み合わせると通信環境のトラブルで視聴できなかかった人の学習機会を確保することができます

【手順】

1.対象のクラスに対して遠隔授業を行う(録画しておく)。

2.録画しておいた授業をYouTubeに限定公開でアップロードする。

3.該当授業動画のURLをコピーして、欠席した対象者に連絡する。

4.対象者がYouTubeで授業内容を視聴する。

Zoomの使用方法についてはこちらを確認してください。

Zoomでの遠隔授業を録画する方法

①ミーティングをスケジュールする際に録画するように設定する方法

はじめにZoomのホームページを開き、ログインします。

次に、左側のミーティングを選択し、新しいミーティングをスケジュールします。

各種設定をしていきます。

一番下までいくと、ミーティングオプションという項目があります。

ここで、ローカルコンピューターにミーティングを自動記録のボックスにチェックします。

これで、このミーティングを開始した時点で録画が開始されることになります。

録画した動画は、授業(ミーティング)終了後にパソコンのZoomフォルダに保存されます。

②授業(ミーティング)を開始後に録画する方法

授業(ミーティング)を開始するとこのような画面が表示されるかと思います。

画面の下にあるレコーディングを選択すると授業(ミーティング)開始後でも録画できます。

こちらも同様に授業(ミーティング)終了後にパソコンのZoomフォルダに保存されます。

これで、授業(ミーティング)を録画することができました。

録画にかかる時間は使用しているパソコンの性能や授業(ミーティング)時間に影響しますが90分の授業であれば30分もかからないかと思います。

録画したZoomの遠隔授業を欠席者が大学や学校に行くことなく視聴する方法

録画したZoomの遠隔授業を欠席者が大学や学校に行くことなく視聴する方法としては、いくつかあります。

例えば、DVDに保存して郵送する方法、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージに保存して共有する方法などいくつかあるかと思います。

ですが、欠席者が複数いたら手間が増えてしまいます。

そこで、活用したいのがYouTubeです。

YouTubeは非常に簡単に動画をアップロードすることができますのでうまく活用すれば非常に便利です。

YouTubeにアップロードする方法

YouTubeのホームページを開きます。

右上のログインのアイコンからGoogleアカウントを使用してログインします。

YouTube Studioを選択します。

動画をアップロードを選択します。

アップロードしたい動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、ファイルを選択しましょう。

するとこのような画面が表示されますので動画のタイトルや説明、サムネイル(動画を再生する前に表示されている表紙みたいなものです。これは、電話番号を用いて認証しておかないと変更できませんのご注意ください。)など各種設定をしていきましょう。

※15分以上の動画をアップロードする際も電話番号を用いて認証する必要があります。

公開範囲を決めましょう。

今回のように遠隔授業を欠席した学生を対象にするのであれば限定公開が良いかと思います。

限定公開にしておくと、動画のリンク(URL)を知っている人しか視聴することができません。

アップロードが完了したら、こちらの動画リンク(URL)をコピーして対象者にメール等で連絡しましょう。

これで、Zoomで録画した授業を動画リンク(URL)を知っている人だけがYouTubeで視聴することができます。

注意事項のまとめ

・Zoomで遠隔授業をする際は、なんらかのトラブルで視聴できない人がいるかもしれないので録画しておきましょう。

・15分を超える動画をYouTubeにアップロードする場合は、認証(1分でできます)を済ませておきましょう。

・公開範囲は限定公開にしておきましょう。

・動画リンク(URL)は不特定多数が閲覧可能な場所には掲示しないようにしましょう。

今回は、「Zoomで遠隔授業を実施しているのですが、欠席した人への対応で悩んでいます。どのようにすれば良いでしょうか?」との質問に対して、ZoomとYouTubeを組み合わせてみましょう。と回答させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました