<図解>Web会議ソフトZoomを使用して勉強会に参加する方法

スポンサーリンク
zoom-study-sessionZoom
太郎
太郎

今回は「Web会議ソフトZoomを使用したZoom勉強会にパソコンで参加するのですが、どのようにすれば良いでしょうか?勉強会に参加する上でのポイントも教えてください」という質問に答えたいと思います。

スポンサーリンク

Zoomの特徴

様々なデバイスで使用が可能(パソコンならWindows、Mac、Chromebooks、タブレットやスマホならiOSやAndroidなど)

②ホスト側(勉強会を開きたい人)がZoomの使用登録をしていれば、クライアント側(勉強会に参加する人)は使用登録不要、アプリをインストールするだけで参加が可能

無料で使用が可能(有料にすることで機能拡張が可能)

Zoomの使用方法

最近、遠隔授業やWeb勉強会がいろいろなところで開催され、身近になったと思います。

まだ、Web会議ソフトZoomを使用したことがない方のためにパソコンでの使用方法とポイントを簡単に説明したいと思います。

タブレットでの使用方法やZoomの応用については以下のブログをご参照ください。

Zoomのホームページを開く

まず、Zoomのホームページを開いてください。

Zoomのホームページはこちら

ダウンロードページへ移動する

Zoomをダウンロードする

Zoomを起動させ、ミーティングに参加を押す

ミーティングに参加する

会議IDまたは会議室名のところに、勉強会運営者から通知されたIDやURLを貼り付けます。

会議IDまたは会議室名の下の欄には、あなたの氏名を入力しましょう。

この時、顔出しなしでの勉強会参加の場合は、「自分のビデオをオフにする」にチェックを入れておきましょう。

パスワードの入力

勉強会運営者から通知されたパスワードを入力しましょう。

運営者からの承認待ち

勉強会運営者があなたの参加を承認すると、勉強会に参加することができます。

音声の選択

基本的には、「コンピューターオーディオに参加する」で良いかと思います。

勉強会参加者側の音声(マイク)については、勉強会運営者がオン・オフの権限を持っています。

マイクとビデオの確認

これで、勉強会のミーティングルームに入室することができました。

こちらの画面は、勉強会運営者のカメラも画面共有もオフにしている場合に表示される画面であり、異常ではありませんので安心してください。

また、この時に確認したいこととして、マイクとビデオがあります。

画面の左下にマイクとビデオのマークがありますので確認しましょう。

どちらもオフになっていればオッケーです。

勉強会によっては音声が必要であったり、ビデオが必要であったりすることもあるかと思いますがその時はこちらで設定を変更してください。

参加者のマイクがオンになっていると生活音が流れてしまう可能性があるので、ミュートになっていることを確認しましょう。

勉強会の開始

これで勉強会を聴講する準備が整いましたので完了です。

こちらの画面は、勉強会運営者がスライドを聴講者と画面共有しているものです。

チャットで質問する

勉強会によっては、チャット機能を使って質問したり、感想を述べたりする機会があるかと思います。

その時は画面下にある「チャット」というボタンを押しましょう。

そうするとチャットが使用できるようになります。

この時、宛先が誰かを確認してから行うようにしましょう。

通常は「皆様」となっているので全体に送信されてしまいます。

それを避けるためには、勉強会運営者を選択して送信しましょう。

勉強会運営者のところには(ホスト)と記載されているはずですのですぐにわかるかと思います。

勉強会からの退室方法

勉強会が終了したら退室しましょう。

画面の右下に「退出」という赤いマークがありますのでこちらを選択しましょう。

これで、勉強会が無事に終了することができます。

もしも、退出をしていない場合には勉強会運営者が強制的に退出させることもありますので忘れないようにしましょう。

Zoomで勉強会に参加する際のポイント

・顔出しが必要か否かを確認しておきましょう。

・顔出しが必要な場合には背景に気をつけましょう。

・マイクがミュートになっていることを確認しましょう。

・チャットを利用する際には宛先を確認しましょう。

今回は「Web会議ソフトZoomを使用したZoom勉強会にパソコンで参加するのですが、どのようにすれば良いでしょうか?勉強会に参加する上でのポイントも教えてください」という質問に対して、図を用いて説明させていただきました。

ぜひ、活用していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました