<まとめ>大学のオンライン授業(遠隔授業)をZoomを使用して実施する方法

スポンサーリンク
zoom-matome-2Zoom
野口

今回は、「後期の授業もオンライン授業で実施することが決まったのですが円滑に授業を進めるにはどうすればよいでしょうか?」という質問に答えたいと思います。

スポンサーリンク

オンライン授業

オンライン授業とは、インターネット回線を通して遠隔で授業を行う方法のことです。

これまでは当たり前のように対面で授業をしていましたが新型コロナウイルス感染症の影響により多くの大学でオンライン授業が行われています。

前期の授業では、教員も学生もオンライン授業に慣れないままに進んできたという場合もあるかもしれません。

しかし、後期の授業では「オンライン授業なんて知らない」とは言えないと思います。

そこで、今回はオンライン授業を円滑に進めるために知っておきたいことをまとめたいと思います。

オンライン授業を実施するまでの流れ

①Zoomをパソコンにインストールして使用できる状態にする。

②Zoomで授業日をスケジューリングする。

③授業日をスケジューリングしたらミーティングID(URL)を学生に通知する。

④必要に応じて授業で使用する資料を学生に配布する。

⑤授業日にオンライン授業を行う。

⑥授業はチャット機能等を活用して双方向性の授業とする。

⑦Googleフォームを使用して授業の課題を行う。

⑧授業を欠席した学生には録画しておいた授業をYoutubeに限定公開して視聴してもらう。

以上です。

Zoomとは

オンライン授業を実施する方法はいろいろありますが私はZoomを使用していますのでZoomについて確認しておきたいと思います。

Zoomは、インターネット回線を用いてWeb会議を実施するためのソフトのことです。

現在では、Web会議よりもオンライン授業で使用されている場合が多いのではないでしょうか。

Zoomのインストールや使用方法については以下の記事をご確認ください。

授業をZoomでスケジューリングする方法

オンライン授業を計画する際には、事前にスケジューリングしておくことが必要です。

オンライン授業の時には学生の体調不良だけではなく、通信障害によって授業に参加できなかったというケースが時々ありますのでスケジューリングの際に授業を録画するように設定しておきましょう。

授業の録画は、ミーティングオプションの「ミーティングを自動記録:ローカルコンピュータ上」にチェックを入れておくことで使用しているパソコン内にオンライン授業が記録されます。

スケジューリングの詳しい内容については以下の記事をご確認ください。

授業で使用する資料を学生に配布する方法

オンライン授業を行う際には必要に応じて授業資料を配布することがあるかと思います。

その際、大学内で既に学生へ連絡ができるシステムが構築されていればそれを使用するのが良いでしょう

もしも、何もないという場合は学生宛に資料を添付したメールを送信するか、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージを使用すると良いでしょう。

クラウドストレージでは、各ファイルを他者と共有することができるので便利です。

オンライン授業を行う

Zoomを使用してオンライン授業を実施する場合には、パワーポイントやキーノートなどのプレゼンテーションソフトや、PDFファイルなどを使用することになるかと思います。

その際には、画面共有という方法を用いることができますのでぜひ覚えておきたいものです。

画面共有の方法についてはこちらの記事をご確認ください。

また、授業開始直後には出席確認を兼ねて、チャットで学生とやりとりをしておくと良いでしょう。

必要に応じて、授業開始30分後や60分後にもチャットを活用すると学生の参加状況がわかります。

オンライン授業を行う際に覚えておきたいことのひとつとして、顔出しを嫌うことがあります。

それは、家族との共有スペースで受講していたり、オンラインだからとパジャマで受講していたりと理由は様々です。

このような状況がありますのでどうしても顔出しが必要な場合には事前に連絡しておくことをお勧めします。

Googleフォームで課題を行う方法

Zoomでのオンライン授業の最中や授業終了後に課題を実施する場合にはGoogleフォームを使用すると便利です。

Googleフォームについてはこちらの記事をご確認ください。

授業を欠席した学生に録画しておいた授業をYoutubeに限定公開する方法

オンライン授業では体調不良による欠席以外にも通信障害によってインターネット回線に接続することができずにやむおえず欠席するという場合があります。

そのような場合には、オンライン授業を録画したものをYoutubeへと限定公開で公開することをお勧めします。

オンライン授業で録画した動画をDVD-Rに保存して、郵送するという方法も可能ですが、非常に非効率です。

Youtubeを活用することでスマートに実施することができますのでこちらの記事をご確認ください。

今回は、「後期の授業もオンライン授業で実施することが決まったのですが円滑に授業を進めるにはどうすればよいでしょうか?」という質問に対してZoomを使用する上でのポイントを解説させていただきました。

今回の記事が少しでも参考になり、ひとりでも多くの学生の学びが促進することを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました