<図解>Office for Mac 2019のライセンス認証をしようとしたら”キーが既に使用されています”と表示された時の対処方法

スポンサーリンク
Office for Macアプリ
野口
野口

今回は「パソコンを買い換えたため、Office for Mac 2019のライセンス認証をしようとしたら”キーが既に使用されています”と表示されて困っています。どのようにすれば良いでしょうか?」という質問に答えたいと思います。

こんな方にオススメ

・Office for Macのライセンス認証ができない

・Macを買い換えたら”キーが既に使用されています”と表示されて困っている

スポンサーリンク

結論

Office for Mac 2019のライセンス認証をしようとした時に、”キーが既に使用されています”と表示された場合の対処方法は、Microsoftにチャットで問い合わせを行い対応してもらうことです。

(※Officeを使用しているPCが台数制限以内であることが前提条件です。)

どのように問い合わせを行えば良いかわからないといったことが多いように思いますので画像付きで以下に説明します。

具体的な方法

できるだけわかりやすく具体的な方法をお示しします。

”キーが既に使用されています”

このページを訪れている方の画面にはこのような表示がされていることかと思います。

Microsoftのお問い合わせページを開く

Microsoftお問い合わせ」はこちら

Officeのサポートを受けることを選択する

はじめに、文字を入力する欄に「チャット」と入力します。

次に、「サポートを受ける」の製品とサービスの中から「Microsoft 365とOffice」を選択します。

カテゴリを選択する

カテゴリは「テクニカルサポート」を選択します。

チャットを選択する

チャット以外にも「コールバック希望」や「カスタマーサービスの電話番号」を選択することができますが、なかなか通話状態にならないため個人的には「チャット」がオススメです。

ログイン状況の確認

Microsoftのアカウントでログインをしていない場合はサポートを受けることができませんので、必ずログインしておきましょう

チャットを開始する

これでチャットを行う準備が整いました。

実際のチャット

チャットが開始されるまでの待ち時間は、接続するタイミングにもよりますが数分から数十分待つ場合があります。

ようやく繋がったと思ったら、私の場合は海外の方が対応してくれました。

ただし、英語で連絡が来たからといって、焦る必要はありません。

右上のボタンから言語を日本語に変更しましょう。

すると、内容を日本語に翻訳して表示してくれます。

こちらの状況を伝える際も日本語で行えば自動的に翻訳してくれるため問題ありません。

今回の場合のように、本来使用できるはずのOffice for Mac 2019が使用できなくなった場合は、正直に状況を伝えましょう。

パソコンを買い換えたら、Office for Macのライセンス認証ができなくなりました。

以下のように表示されています。

キーが既に使用されています。インストールIDは〇〇です。

ご対応よろしくお願いします。

すると、「状況を確認するので数分お待ちください」と連絡が返ってきました。

その後、「アクティブ化の確認をしてください」と連絡がありましたのでライセンス認証が行えていないWordを開き、認証を試みると見事にアクティブ化することができました。

サポート対応の方の迅速な対応に感謝です。

今回は「Office for Mac 2019のライセンス認証をしようとしたら”キーが既に使用されています”と表示されて困っています。どのようにすれば良いでしょうか?」という質問に対して、Microsoftのチャット機能を利用して問い合わせを行うと良いでしょうと回答させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました