MacBook ProをUSB Type-Cで外部モニター(ディスプレイ)に繋いでも映像が出力されない時に確認すること

スポンサーリンク
usb-type-cその他
野口
野口

今回は、「MacBook ProをUCB Type-Cでモニターに繋いだのですが、映像が出力されません。どうすれば良いでしょうか?」という質問に答えたいと思います。

こんな方にオススメ

・USB Type-Cでモニターに出力したい

・USB Type-Cでモニターに出力しようとしたけどうまくいかない

スポンサーリンク

映像出力ができないUSB Type-Cがある!

MacBook ProをUSB Type-Cでモニターに繋いでも映像が出力されない時にはUSB Type-Cが映像出力に対応した規格であるか否かを確認してください。

USB Type-Cだからといって映像出力が可能とは限りません。

USB Type-Cには、映像出力に対応したものと対応していないものがありますので必ず確認してください。

高速充電には対応しているが映像出力には対応していないものも多いです。

ただし、形状が一緒であるため、とてもややこしいです。

ケーブルが対応しているにも関わらず、出力がされない場合はモニター側が対応しているか確認してください。

USB Type-Cとは

USB Type-Cは、これまでのコネクタと異なり、コネクタ部分に上下の区別がないため、差し込み方向を間違える心配がありません。

USBは、データを転送したり、周辺機器と接続したり、充電を行ったりするものです。

今ではUSBを知らない人はほとんどいないのではないかと思います。

しかし、このUSBには複数の規格があります。

  • Type-A:一般的にイメージするUSBであり、USBメモリなどはこちらのタイプです。
  • Type-B:台形の形状をしているのが特徴であり、プリンターなどはこちらのタイプです。
  • (Type-microB):平らな長方形・台形をしており、外付けHDDなどに使われています。
  • (Type-miniB):小さな台形であり、デジタルカメラなどによく使われています。
  • Type-C:平らな楕円形をしており、スマートフォンやMacBook Proなどに使われています。

様々な規格がある中、近年ではUSB Type-Cが採用されることが増えています。

その理由は、

  • USB 3.1/3.2で規格化された最大10Gbpsの高速伝送が可能なこと
  • コネクタ部分に上下の区別がないこと
  • USB Power Delivery(パワーデリバリー/PD)に対応していること
  • さまざまな機器と接続できるオルタネートモード(Alt mode)があること

です。

今回は、「MacBook ProをUCB Type-Cでモニターに繋いだのですが、映像が出力されません。どうすれば良いでしょうか?」という質問に対して、使用しているUSB Type-Cが映像出力に対応した規格であるか否かを確認してください。と回答させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました