<図解>iMacとiPhoneの音声入力で文字を入力する方法

スポンサーリンク
microphoneアプリ
野口
野口

今回は、「キーボードの操作が苦手で文字を入力するのに時間がかかってしまいます。何か良い方法はないでしょうか?」という質問に答えたいと思います。

こんな方にオススメ

・キーボードを使用してのタイピングが苦手

・手では別の作業をしているためキーボード操作以外で入力したい

・初めてパソコンやスマホを操作する人の力になりたい

スポンサーリンク

文字を入力する方法

はじめに、一般的な文字入力の方法について確認します。

パソコンの場合はキーボード入力スマホの場合は画面操作によりフリック入力が一般的です。

キーボード入力

フリック入力

ですが、キーボードの操作やスマホのフリック入力が苦手で文字を入力するのに時間がかかってしまう場合があります。

そのような時には、音声入力を活用することをオススメします。

Macで音声入力

Macで音声入力する場合には、環境設定から設定を行う必要があります。

リンゴマークを選択する

システム環境設定を選択する

キーボードを選択する

音声入力を選択する

音声入力をオンにする

音声入力を有効にする

実際に音声入力を使用する

文字を音声入力したい位置で”編集”メニューから”音声入力”を選択するかショートカットキーを活用することで音声入力が可能となります。

音声入力のショートカットキーはファンクションマークをダブルクリックします。

これで音声入力が可能となります。

個人的にはファンクションマークをダブルクリックする方法がお勧めです。

実際にこの文章も音声入力で入力しています。

Windowsでの設定方法については他サイトをご参照ください。

iPhoneで音声入力

iPhoneでの音声入力は、とても簡単です。

文字を入力する画面で右下のマイクマークを選択します。

この状態で話かけることで音声入力が可能となります。

スマートフォンでの音声入力は、高齢者の方や片麻痺の方などフリック入力が苦手な方にとって、とても便利な入力方法になるかと思います。

ぜひ、活用していただければと思います。

今回は、「キーボードの操作が苦手で文字を入力するのに時間がかかってしまいます。何か良い方法はないでしょうか?」という質問に対して、音声入力を活用すると良いでしょう。と回答させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました